amazonとは?

日本のアマゾンは、2000年11月の日本語版サイトがオープンして以来日本最大のショッピングサイトとなっています。日本でアマゾンを立ち上げたときは書籍のみの扱いだけでしたが、現在では様々な商品を扱うまでに成長しています。子供から大人まで利用できるありとあらゆる商品を販売していますが、日本のアマゾンはポータルサイトを通じてユーザーとアマゾンが取引を行うことができるようになります。商品を検索するときは、独自の検索サービスであるA9.comが利用されています。

このA9.comにはレコメンデーション機能があり、今ではアマゾンの特徴の1つとなっています。レコメンデーション機能は、アマゾンを利用する人の趣味や嗜好などを割り出して商品を推奨してくれるサービスのことです。広告やダイレクトメールなどで検索した商品や似たような商品が出るのはこの機能が働いているからです。この機能を利用することで無駄な検索をすることなく類似商品を再度購入することができるようになります。この機能があるために、商品を購入して良いと思ったらまたその商品と類似商品を比較することもできます。

日本のアマゾンの売り上げは2010年50.25億ドル、2011年65.76億ドル、2012年78億ドル、2013年76.39億ドル、2014年79.12億ドル、2015年82.64億ドルとなっているので、年々売り上げが伸びてきています。日本国内の流通総額は公開されていませんが、1兆5500億円から1兆6000億円程度だと予想されています。最近では様々な商品以外にもKindle書籍が人気となっています。アマゾンは書店から始まったサービスなので、日本でもアマゾン専用の電子書籍のサービスは大いに受け入れられています。

アマゾンの拠点はオフィスが東京にあって倉庫と配送拠点は全国にあります。13拠点の倉庫が全国にあって、そこから注文があった商品を全国に配送しています。また配送センター以外にも、カスタマーサービスセンターを設けています。さらに、今までは問い合わせができないことも多かったために、お客様からの問い合わせをしっかり聞けるように、札幌、仙台、福岡にサポートセンターを設置しています。このように、現在のアマゾンは開設当初と比べてもプラットフォームの内容がとても充実していて、自分が欲しい商品は必ず購入できるように様々な商品を取り揃えているので、日本で最大級のショッピングサイトにまで成長することができました。